日田下駄「本野はきもの工業」
  • 本野はきもの工業の下駄ブランド「MOTONO」

現代のライフスタイルに映える下駄を。

下駄の三大産地の一つ日田の地で、天保(1830~1844年)より受け継がれる伝統。
そこには、人間の身体と日本の環境を考慮した、現代の生活の中でも色褪せない知恵と技術が息づいていました。
本野はきもの工業は、日田下駄の技と心とともに、現代のライフスタイルに
自然に溶け込む下駄づくりを目指します。